お金の使い方を考える

1年に1回しかない、お正月。子供の頃のお正月というのはとても楽しみなものでした。

なぜ楽しみだったかは言うまでもありません。お年玉がもらえるからです。

お年玉をもらっても昔はすぐにお金を使うのはよくないとされている習慣というか慣わしというのでしょうか?

正月の三が日には「お金を使うのはよくない」と言われてきたことではないかと思います。

昔のお正月は、今よりも元日から営業しているところも少なく、お金を使う場所も実際になかったからではないかと思います。

その為、三が日でのお金を使う事をしていないから、それを現代のお正月と同じように考えるのは難しいです。

三が日にお金を使うのは良くないのは、迷信ではなくきっと使う場が無かったから言われてきているだけだと考えれます。

そして、時代の変化と共にお正月の元日でさえお金を使うようになってきているんです。

初売りセールなど、若い人だけでなく親子で一緒に行くというのも見慣れた光景になっています。

元日からお金を使うと1年お金に困ると言われているのも、その日にどれだけのお金を使ったかや本当に必要な物を買っているのかなどを考えるために言われるのではないかと思います。

1年を通してのお金の使い方を考えるというのはやはり、大事な事であるのだとは思います。

三が日でのお金を使いすぎてしまう人は、どんなタイミングであってもお金を使ってしまうとも思います。

それに、元日から三日間はそんなにも焦ってお金を使う事なく、のんびりできる時間を有意義に使うというのもたまにはいいものだと思ってはみてはどうでしょうか。

1年の始まりから、お金の事でいちいち悩みたくないと思うのは人の性だとも思えます。

お役立ちサイト

イベントグッズで模擬店も
学校祭や町内のお祭り等に様々なセットがあります

浮気調査を依頼したい、新潟周辺で考えている方へ
地域に密着した探偵社のオルガジャパン新潟に依頼しよう

中古ピアノ
ピアノの専門店の取り扱いの豊富さを

姓名判断,吉元式線優・研究された平成の姓名学(命名・改名・芸名・社名)
効果を早く出す姓名学とはどんなものか

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>